スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 |   TOP↑
確定診断
今日ポンちゃんの腹水の溜まり具合のエコー検査の為病院へ…
腹水の量は前回確認した時と同じくらいだったので少し安心した。

今日、その腹水を少し抜いて成分検査したところ、
腹水の色質・蛋白・比重その他、
前回の抗体価・γグロブリンの検査結果・臨床症状を踏まえて、
やはり100%に近い確立でFIPウェットタイプと診断された。

「FIPウェットで生還した子って、先生が今までの臨床経験でいますか?」と、
解りきった事を質問してみた。

先生は「います。 …ただ、かなり厳しいという事は覚悟してください」

助かった子が居るのは知ってるけど、極めて奇跡に近い事は事実だし、
前にセナ君をFIPドライで見送った時にも思った。
でも「います」って言葉を聴きたかった。


ポンちゃんの体重で処方された3.8MUのインターフェロンを1日おきに投与を5回。
ステロイドは反応が良かったので毎日。
それで様子を見る事に…


元々は食欲旺盛な子なので、薬が効いて昨夜からご飯には反応してくれてて、
今日は夕ご飯の時に、待ちきれなくてキッチンに登ってた。
この姿こそポンちゃんだよね!!

ご飯を嬉しそうに待ってる姿…
こんなに嬉しい事はなく、喜びと同時に目頭が熱くなる。。

奇跡が起こる事を切に祈る毎日。



眠らずにボーっとしてる時が多いポンちゃん
pon-8.jpg



でも毛繕いは欠かさないよ
pon-7.jpg


グルーミングや爪砥ぎもバリバリ出来るから大丈夫!!
ポンちゃん頑張ろうね!!





スポンサーサイト
2008.10.31 23:20 | ポンちゃん | comment[2] trackback[0] TOP↑
FIP
火曜日ポンちゃんを連れて病院へ行った。
いつも病院中に響き渡る雄叫びをあげるポンちゃんが、
そんなに雄叫びをあげてなかった。

先生も「いつものポンちゃんなら保定の時点で凄いから、やはりなんかおかしいですね。。」という。
その後は結局雄叫びをあげてはいたのだけど、
やはり何か変。。

その後、血液検査をしたところ、遠心分離で分離した上澄みを先生が持ってきたのを見て、
尿検査もやる予定だったので、尿と間違うくらいの黄色で驚愕した。
その上澄みが黄色なのは黄疸との事。。

ただ、血液検査の結果、ビリルビンだけが高くて肝臓の数値はどれも正常値。
その後、エコーと尿検査をやるので、一旦預かりますと言われる。

夕方先生から電話があって「エコーの画像を見ながら説明します」との事。。
何かお腹に原因があったのだろうか…と不安がよぎる。

先生と一緒にエコー室に行き、ポンちゃんのお腹のエコーの画像を見ながら説明を受けたところ、
「ここの黒く3つ抜けてる部分、小さいですけど腹水なんですよね。。。
この腹水を抜いてみたところ、まっ黄色でした。
FIPのウェットの疑いがあるので、先ほど抗体価と蛋白分画の検査を
外注に出しました。」と言われ、目の前が真っ暗になった。

すぐにインターフェロン治療をお願いして打ってもらい
ステロイドは抗体価とグロブリンの値を診てからにしましょうとの事で自宅へ戻る。

ポンちゃんはその日の通院を境に、ご飯を食べようとするんだけど、
ペロペロ舐めるだけで殆ど口の中に入ってなかった。



そして木曜日、抗体価とグロブリンの値の結果が出たと夕方電話があった。
抗体価は1600倍で黒に近いグレーだけど、グロブリンの値が高いので
ほぼFIPのウェットで間違いないだろうとの事。。。
頭を金槌で強打されたように思えた。

すぐにステロイドを処方してもらい、ポンちゃんに飲んでもらった。
今朝も舐めるようにしかご飯を食べなかったけど、
夕方に投薬したステロイドが効いたのか、深夜にカリカリをポツリポツリと食べ始めた。
それを明け方まで3回繰り返したけど、
でもいつもの調子はまったくなく、やはり目力もない。

ほぼFIPに間違いないとの診断だったけど、
どうか間違いであって欲しい。。
どうかいつもの元気モリモリなポンちゃんになって、
他の子のご飯を横取りしちゃうポンちゃんに戻って欲しい。。


pon-2.jpg
写真でもポンちゃんの目力がないのがわかる。。。


ミーちゃんもペロペロと舐めるようにしかご飯を食べないのでずっと強制給餌。。
幸いミーちゃんはグッタリしてるわけではなく、普通に過ごしてくれてるけど、
でもあの数値だから身体はシンドイだろうにな。。
高値のまま安定してしまったのだろうか。。

色々悪い方に考えてしまって真っ黒い不安の波が襲ってくる。
今は何も考えないようにしよう。。
2008.10.31 05:59 | ポンちゃん | comment[0] trackback[0] TOP↑
ポンちゃんの結果!
カンちゃんが具合悪くなっちゃった事であたふたしちゃってて、
こっちの日記をまったく更新するの忘れてた(汗

ポンちゃんのお耳の黒いのは病理検査の結果、
やっぱり「ちまめ」だったらし~♪ 
本当に良かったーーーーー!
これからはまめにお耳掃除しないと!!

で、全然関係ない話だけど、
なんだか急にFC2ブログの管理ページが変わってて、
文字を打ってるそばからプレビューが見れるようになったみたいだけど、
めっちゃ反応が遅いんですけどー!
これから改善されるのかしら?
そうじゃかったら、こんな重いのはスゴイ使い辛い!
ミクシイもレイアウトが変わったら、やたらと重くなったし…
元に戻して欲しいよ~~~!


写真は全然本文とはまったく関係ない、
珍しい2にゃんの猫団子♪

同じ歳のミーちゃんとクーたんだけど、このふたりが団子になってるのは
初めて見たからビックリした!
仲は悪くないんだけど、すごく良くもないふたり(笑
お互い興味なしって感じ?

koo-mee1.jpg
2007.12.09 23:00 | ポンちゃん | comment[0] trackback[0] TOP↑
ポンちゃんオペ終了~♪
ポンちゃんのオペは昨日無事終了しました~!
本来なら、診察→血液検査→鎮静→オペ…となる順番が、
鎮静→診察→オペ→血液&尿検査 というような、
やはり恐ろしい順番になってしまったようだけど、
無事終わって、ポンちゃん元気です!

そして、一番恐れていた黒色腫疑惑の部位は、
先生曰く、十中八九「ちまめ」っぽいとの事で、疑いは殆ど晴れたようです!(喜)
念の為組織検査には出したのだけど、殆ど安心して良いとの事でした♪
まだ結果が出るまでは安心出来ないのかもしれないけど、
本当にホッとしたよ~~!!!
難しい病気だったらどうしようかと凄くドキドキしてたのだけど、
「ちまめ」っぽいって聞いて、心から安堵した!

ちまめの原因は足でカキカキしたのが、
ちまめになっちゃったんじゃないかとの事。
多分、ワタシがこまめに耳掃除しなかったのがいけなかったんだなって
すごーーーーく反省した。
セナ君やミーちゃんのケアを優先してて、ポンちゃんの耳掃除はかなり怠ってたもん。。

本当は普通に診察で診れる子だったら、「ちまめ」って事は
先生が肉眼で診れば解ったのかもしれないけど、
ポンちゃんみたいに病院へ連れていけない子は
耳掃除も怠っちゃいけないんだって。
これからは頻繁にチェックしなくっちゃ!と心に誓った。
ポンちゃん、辛い思いをさせちゃって、本当にごめんね。。

でも本当に黒色腫じゃなくて良かったよ~~~~。
…って、まだ組織検査の結果出てないんだけど、多分大丈夫そうよね。


そして、健康診断の血液検査はオールクリア!!!(喜)
シニアだから腎臓の値が心配だったのだけど、尿比重も含め全て問題なかった♪

が、しかし、尿石持ちのポンちゃん…
ずっとc/d食べているのにも関わらず、今回ストルバイトが見つかったよ(とほほ)
phは6だったんだけど、結晶がチラホラ…
穿刺採尿する時にエコーで見た時点で既にチラチラ…って写っていたのだそう。

かなり尿石になりやすい体質みたいで、
一旦s/d or スターターで溶かさないとダメみたい。

で、再検査が出来ないから、丸1ヶ月くらいあげてみて
その後3ヶ月維持食。
そして再度スターター1ヶ月…と繰り返しに感じにした方が良いとの事。

寒くなる冬は飲水量が減っちゃうから、尿石持ちの子は特に注意が必要ね。
スープ食も定期的にあげないとな~。

↓はハロゲンヒーターの前でぬくぬくしてるポンちゃんとこもちゃん♪

pon-komo.jpg


ポンちゃんお疲れ様。

2007.11.25 23:14 | ポンちゃん | comment[4] trackback[0] TOP↑
ご飯時間
ニャンズのご飯タイムはワタシの仕事の都合上、
夜11時前後くらいになってしまうので、
オペ前日の「ご飯は夜7時まで…」というような時が一番困る。


夜の仕事が今日は祝日で忙しいという事もあって、
入り時間をあまり遅くできないし、
なんとかギリギリ忙しさのピークになる前の時間までに行けるよう、
みんなには夕方5時にご飯をあげる事にした。

朝をいつもよりも早めにあげたので、
少しは食べてくれたけど、でもやはり5時というのは早すぎる所為か、
あまり食いつきは良くない。


その後、仕事に行く為に着替えていたら、
夕方のニュースで今ワタシが一番敏感になっている、
動物の癌治療の特集をやっているではないかー!

しかも、ポンちゃんに疑惑が持ち上がってる
黒色腫のオペまでやってたから、食い入るように観ちゃった。
(はよ仕事にいけ!:笑)

ワンちゃんの口腔内黒色腫の切除オペだったのだけど、
術後は痛そうだったけど、ご飯もカリカリをふやかしたものを
そのワンちゃんはちゃんと食べれてた。
やはりこの特集を観ても、黒色腫は犬で口腔内が多いのかしら…。

オペが痛そうでなんか怖かったよー。
やはり黒色腫は切除しても転移が多いのだそう。。

ポンちゃんのあの黒いほくろのようなもの…、
なんだか段々心配になってきちゃった。。
でも猫は稀ってネットでも書いてあったから大丈夫だよね!!!




ポンちゃん、明日の病院頑張ろうね♪

pon-3.gif

そんなキッパリ  )))))))))))Σヾ( ̄Д ̄;)ノ




お母ちゃんがついてるから大丈夫だよ!!

pon-4.gif







多分ワタシがいつものように夜の仕事を終え帰ってきたら
みんな5時に食べた事も忘れちゃって
「めし~~~」って言うんだろうな…と思いながら帰ってきたら
やっぱり全員「めし~めし~」って言ってた(ノ◇≦;)
特にポンちゃんとこもちゃん。

他の子にあげてポンちゃんにだけあげない…という事が出来ないので
催促中のニャンズだけど、早めにワタシこそ寝たフリしちゃう予定(笑





午前中は仕事の休みが取れたので、
今日は「たみちゃん」のお嫁入りの日でした~♪
お届けの様子は保護にゃん日記を見てね☆

2007.11.23 23:59 | ポンちゃん | comment[0] trackback[0] TOP↑
プロフィール

かつぶし

Author:かつぶし

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。